暗号通貨取引所サービス Mr. Exchange

tarouripple

謹啓

ご利用の皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素より Mr. Ripple へのご愛顧を賜りまして誠にありがとうございます。

この度、当社は、Mr. Ripple に変わる新たな暗号通貨取引所サービス Mr. Exchange (https://mr.exchange)のリリースを2017年9月15日に予定していることを発表いたしました。また、2017年8月7日、これに伴い当社商号を「株式会社 CryptedVault 」から「株式会社ミスターエクスチェンジ」へと改め、また代表取締役でありました江島良及びクリスプ優樹が退任し、新たな代表取締役として川畑裕介が就任しましたことをお知らせいたします。

当社取り扱い暗号通貨に関する、より充実した情報を提供し、サービスの応用性、機能性と安全性が更に向上された新たな Mr. Exchange を今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

フィッシング詐欺サイトに誘導されてしまう URL にご注意ください

リリース後のアカウントの移行や、今後のお取引にあたり Mr. Exchange の Web ページにアクセスされる際は、URL が https://mr-ripple.com から https://mr.exchange へと変更となったことにより、類似したドメインやデザインなどによるフィッシング詐欺などが懸念されます。ご利用の際は、ブラウザ上部の URL が「https://mr.exchange」から始まる事を必ずご確認ください1


Mr. Ripple をご利用のお客様へ

現在 Mr. Ripple をご利用のお客様は、Mr. Ripple アカウントとご利用の Ripple ウォレット2を引き続き Mr. Exchange でもご利用いただけます。

Mr. Ripple アカウントを Mr. Exchange へ移行するには、Mr. Ripple の URL(https://mr-ripple.com)へアクセスし、「アカウントの移行」より Mr. Ripple のアカウント名とパスワードをご入力の上、画面の指示に従ってください。お客様の暗号化された Ripple ウォレットを移行するためにはパスワードが必要です。パスワードを紛失されたお客様は、お客様の登録のアカウント名とパスワードの代わりに Ripple アドレスとシークレットキーを用いることでアカウント移行の手続きを行うことができます。また、Mr. Exchange では AML(資金洗浄防止)及び CFT(テロ資金供与対策)ポリシーの改定を行いました。これに伴い、追加の KYC (顧客確認)が必要となります3。そのため、ご利用のお客様には大変ご不便をおかけいたしますが、アカウントの移行後の手続き4とお客様のご理解の程よろしくお願い申し上げます。

今後とも、新たな Mr. Exchange への変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

敬白

代表取締役 川畑 裕介

–追記、お詫びと訂正–

9月5日の当ブログ記事におきまして、アカウント移行サービス受付期限が2017年9月末となっておりましたが、こちらは2018年9月末の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

1Mr. Exchange では、URL バーに「Mr. Exchange, Inc.」と表示されます。合わせてご確認ください。

2ご登録の情報とアカウント認証時にアップロードされた情報が引き継がれますが、一部引き継ぎを行えない場合がございます。Ripple ウォレットはそのまま引き継がれますが、Ripple ウォレットを Mr. Exchange で引き続きご利用されることをご希望でないお客様は、アカウントの移行後に「設定」より移行された Ripple ウォレットを削除することができます。

3追加の KYC が完了するまでの間、法定通貨の入金と全ての通貨の出金が新規のアカウントと同様に制限がかかりますが、Mr. Ripple の KYC とは異なり Ripple ウォレットのご利用には制限はございません。

4Mr. Ripple アカウントの移行サービスは、2018年9月末(訂正部分)までの提供を予定しておりますが、期間に関しては告知なしに変わる可能性がございます。また、Mr. Ripple でアカウント認証が完了していない、または Mr. Exchange のご利用をご希望されず、既に登録の Ripple ウォレットをご利用でないお客様については移行の手続きを行う必要はございません。